デ・ステイルの宝庫

ピエト・モンドリアン、テオ・ファン・ドゥースブルフ、バルト・ファン・デル・レック、ヘリット・リートフェルトなどの珠玉の作品により、クレラー・ミュラー美術館はデ・ステイルの宝庫の一つとなっています。このコレクションの基礎となったのは、ヘレン・クレラー・ミュラーの収集でした。ヘレンは何年もの間、契約により、ファン・デル・レックの作品を最初に購入する権利を持っていました。そのおかげでファン・デル・レックの素晴らしいコレクションが可能となったのです。コレクションには24枚の絵画と400枚の素描が含まれています。

パトロンとしてのヘレン

1912年から1918年にかけて、ヘレン・クレラー・ミュラーは、ヘンドリック・ブレマーの提案により、ファン・デル・レックを毎年援助していました。彼女はファン・デル・レックのパトロンだったのです。1914年、この芸術家は、アントン・クレラーが社長であった会社、Wm H. Müller & Coから仕事の依頼を受けました。ファン・デル・レックは、デンハーグにあった同社の本社の鉛の枠組みの大きなガラス窓や、バタビアラインのちらし、ロンドンのオフィスのモザイク、シント・ヒューベルトス別荘などの住宅のインテリアの色デザインを制作しました。

過度な抽象化

ヘレンは1925年に、その回想において、彼を「モンドリアンよりも多面性があり、より強力な画家」と評価していますが、彼らのやり取りした書簡によると、1916年には、彼の作品の過度な抽象化に戸惑っていたようです。その年、彼はピエト・モンドリアンと、テオ・ファン・ドゥースブルフとの激しい議論の末、その絵画におけるフォルムを単純化し、色調を原色に戻すという大胆な行動に出ました。

パトロンと被保護者

本展示では、バルト・ファン・デル・レックの全作品が、時にはパトロンと被保護者としての難しく緊張した関係に影響を受け、デ・ステイルの仲間との芸術的な意見交換や議論により、どのように発展していったかを見ることができます。

De Gelderlander紙による本企画展示のレビュー:


「パトロンとしてのヘレン・クレラー・ミュラーの援助がなければ、デ・ステイルのアイコンであるバルト・ヴァン・デル・レックが、独立した芸術家として成長することはできなかったであろう。」「パトロンと『革新の王者』は、魅力的な企画展示であり、オランダにおける現代美術の発展をユニークな視点から見ることができる。デ・ステイル年の最も素晴らしい企画である。」

展示の解説文と年表

当展示の解説は、全文が印刷可能なPDF版でご利用いただけます(英語)。年表は、オンラインでもご覧いただけます。年表を拡大するには、PDF表示ソフトの拡大機能をご利用ください。

説明を見る 年表を見る

 本展示企画は「デ・スタイル:モンドリアンからダッチ・デザインへ」の国際テーマ年の枠組みで開催されます。テーマ年について、詳細はNBTCのウェブサイトをご覧ください。

画像:ファン・デル・ レック「嵐(De storm)」バタビアライン(Batavier Line1916年、ヘレン・クレラー・ミュラーとアントン・クレラー