人生と作品の物語

ファン・ゴッホ・ギャラリーはフィンセントの珠玉の作品の殿堂です。ここでは、常時約40点の絵画が入れ替えで展示されており、ベルギーのボリナージュにおける初期の時代から、フランスの村、オーヴェルでの若すぎる死まで、彼の画家としての人生と作品の物語をたどることができます。 

クレラー・ミュラー夫妻とその助言者、H.P.ブレマー

フィンセント・ファン・ゴッホ(1853-1890)は、今となっては世界で最も有名な画家の一人ですが、生前は無名の存在でした。彼の作品はほとんど売れず、弟のテオに経済的な支援を受けていました。20世紀の初めになっても、彼はまだごく少数の人たちの間でしか知られていませんでした。美術評論家で教師であったH.P.ブレマーもその一人でした。彼は、ファン・ゴッホを「現代美術の偉大な精神」と見なし、ヘレン・クレラー・ミュラーにその作品を購入するよう助言しました。1908年から1929年の間、ヘレンは、夫のアントンと共に、現在当美術館に所蔵されている貴重なコレクションを築き上げました。クレラー・ミュラー夫妻のファン・ゴッホに対する注目は、彼の作品に対する現在の評価に大きく影響しています。